平安時代

今回は平安時代の歴史を調べてみます。
平安時代にはどんな風俗があったのか?
調べてみると遊女や白拍子と呼ばれる女性達が居たそうです。
遊女と白拍子の違いが何かと言うと、
遊女は今でいう売春婦。
白拍子は平安時代から鎌倉時代にかけて起きた
歌舞の一種、及び歌舞の芸人さん達を指すようです。
白拍子の中には性を売りにした女性達も居たようですが、
中には男性や子供の白拍子の人達も居たようで、
現在でいうならばミュージカル俳優といったところでしょうか。
つまり、白拍子という名前は皆が皆、
売春婦という事を指すワケでは無いようです。
そして、この時代は孝謙・称徳天皇が父親の聖武
天皇の前で舞ったという伝統ある「五節の舞」を
宮中の行事で遊女が舞ったというような話もあるんだそうです。
平安時代は現代社会ほど、
風俗という職業に偏見は持たれていなかった
時代なのかも知れませんね。
久留米 デリヘル熊本 デリヘル北九州 デリヘルの女の子達も後の風俗の
歴史に名を連ねる事になるのでしょうか。
そう考えると胸が熱くなりますね。